御挨拶

日本の自然環境に強く耐え抜く溶融亜鉛めっき

■ 御挨拶

謹んで全社員を代表し御挨拶申し上げます。
弊社(高崎亜鉛工業株式会社)は昭和22年創業以来、電気めっきを専業として参りました。
昭和36年に新たに溶融亜鉛めっき工場を設立し、今日に至っております。
お客様に対しましては、「品質」・「価格」・「納期」において、
≪ 真心のサービス ≫
を経営理念とし、社員一丸となって防錆・防食技術をもって地域社会の発展に貢献すべく努力してまいりました。
近年、各界に於ける技術革新は目覚しい進歩があり、ますます多様化する今日の社会環境の中であらゆる業界より防錆・防食技術の必要性が叫ばれている昨今、溶融亜鉛めっき技術も様々な分野で普及されるに至っております。
当社は、昭和55年にはJIS表示許可工場として認可され、JIS規格に基づく徹底した品質管理を行っております。
又、良品をより安価に、安定的に供給すべく平成8年には製作加工工場を増設いたしました。
素材加工からめっき加工まで一貫した製作・加工により、納期の短縮、経費の削減等のいっそうのコストダウンを図り、お客様の御要望にお応えすべく努力を惜しまぬ決意です。
ここに今日までの皆さんの御厚情に深く感謝申し上げますと共に、今後とも弊社によりいっそうの御愛顧、御引き立て賜りますようお願い申しあげます。
高崎亜鉛工業株式会社 代表取締役社長
池田 剛