品質管理

■ 品質管理

高崎亜鉛工業株式会社は、JIS規格表示認証工場です。
日本工業規格溶融亜鉛めっき (JISH8641)
品質管理においては、常にJIS規格に基づく優れた製品をお客様にお届けすべく、品質の向上と技術開発の促進に、たゆまぬ努力を続けてまいります。

■ 試験設備

当社内に試験室を設けています。
試験室内は各セクションに分かれて厳しいチェック作業を行っております。
試験設備

■ 溶融亜鉛めっきの規格

溶融亜鉛めっきには以下に示す工業規格がございます。
・JIS H 8641 溶融亜鉛めっき
・JIS H 0401 溶融亜鉛めっき試験方法

JIS規格に基づく品質と試験方法は以下の表の通りに定められています。
種類記号付着量g/m2硫酸銅試験
回数
適用例(参考)
1種HDZ A-4回厚さ5mm以上の鋼材、鋼製品、鋼管類、径12mm以上のボルト・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類
HDZ B-5回厚さ5mm以下の鋼材、鋼製品、鋼管類及び鋳鍛造品類
2種HDZ 35350以上-厚さ1mm以上2mm以下の鋼材、鋼製品、鋼管類、径12mm以下のボルト・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類
HDZ 40400以上-厚さ2mmを超え3mm以下の鋼材、鋼製品及び鋳鍛造品類
HDZ 45450以上-厚さ3mmを超え5mm以下の鋼材、鋼製品及び鋳鍛造品類
HDZ 50500以上-厚さ5mmを超える鋼材、鋼製品及び鋳鍛造品類
HDZ 55550以上-過酷な腐食環境下で使用される鋼材、鋼製品及び鋳鍛造品類
備考 1.HDZ 55のめっきを要求されるものは、素地の厚さ6mm以上であることが望ましい。
     6mm未満の場合は事前に御相談ください。
   2.表中、摘要例の欄で示す厚さ及び径は、呼称寸法による。